役割

車のエンジンについて書いていきますエンジン本体を構成するものとしてはピストン、

コンロット、クランクシャフトがあります。このうちのピストンについて書いて行きたいと思いますが、ピストンには三本のリングがはめられています。上の二本は何でしょうか。それはコンプレッションリングといいます。これは燃焼室の圧力漏れを防ぐためにある。リングということです。そして下の1本は何でしょうかこれはオイルリングといいます。このオイルリングはシリンダー内壁に付着したオイルが燃焼室に侵入するのを防ぐものということができます。このピストンは強い爆発を直接受け止めるという。役割があります。そのため強度や耐熱性を持ちながら、しかも軽量でなければならないということができます。このようにピストンは、エンジンの心臓部にあって非常に重要な役割を果たしている部品ということができます。さらに後日コンロットやクランクシャフトについて書いていきたいと思います。車買取 広島