口臭の原因と改善方法

まず口臭の原因というのは1つではなくニンニクや臭いの強い食品を食べた後、アルコールやタバコの頻度が多い人といった分かりやすいモノもあれば歯周病、むし歯が原因で起こる場合もあります。さらには内臓の病気の場合もあるので注意が必要です。その他にも空腹時や緊張した時、疲労時は唾液の分泌量が減少するので口内が乾燥しやすく口臭がキツクなってしまいます。

口臭に悩んでいるのなら一度歯科医院で口の状態を確認することをお勧めします。むし歯や歯周病なら治療が必要と言えますし、出来れば定期的に健診を受けていると安心です。あと差し歯、詰め物をしている人は口臭が出やすいので毎日のブラッシングを丁寧に行い汚れを除去することを心がけましょう。入れ歯、義歯を利用している人は専用の歯ブラシで磨く、入れ歯洗浄剤を使ってお手入れをする必要があります。

ハミガキの方法も自己流ではきちんと磨けていない恐れがあるので、歯科医師、歯科衛生士にきちんとブラッシングの方法を教えてもらうといいでしょう。食べカスは菌の餌となり雑菌の繁殖の原因となります。まずはそれを除去することが大切です。

それから唾液が常に分泌されていて口内が乾燥していないことが口臭予防には必要不可欠です。唾液には悪玉菌の繁殖を抑制する効果があるのでこれから唾液の分泌を増やす方法を紹介していきます。まずは口内が乾かないように水分をマメに摂るようにして下さい。それから食事の時に意識して噛む回数を増やすようにすると噛むことにより刺激されて唾液の分泌量が増加します。あと空腹時や緊張した時にはガムを食べると唾液が出るので口内の乾燥を防げます。

口臭のチェック方法